*

工事開始!東台の家 II

公開日: : 最終更新日:2019/05/16 東台の家 II

◆工事開始!東台の家 II

 

東台の家 II

新築工事、開始しました。

 

東台の家 II。この50坪の土地に、素敵なお家、つくっていきますよ

 

まずは

基礎工事から始まりです。

 

この日は

遣り方(やりかた)

という作業を行い

お家の位置・高さ

正確に出しました。

 

基礎工事は浅見さん

4月に第2子の愛娘が生まれ

公私ともに充実した毎日です♪

 

お任せ下さい!基礎工事のプロ・浅見さん。笑顔が素敵です

 

朝8:30スタートです!

 

まずは

お家のおおまかな位置を確認します。

 

お家のおおまかな位置をチェック!まずは起点から

        ↓

メジャーで距離を測りながら、位置を確認してききます

 

おおまかな位置の確認後

お家の基礎外周部より

75㎝程 外側に離れた位置に

杭を打ち込んでいきます。

 

 

浅見さんが杭を力強く打ち込んでいきます!

 

お家の「高さ」を出します

 

続いて

お家の「高さ」を出します。

 

レーザー小僧。この機械を使って、高さを測定していきます

 

 

レーザー小僧を使い

工事を進めていきます

 

レーザー小僧で、正確に高さを測定します

        ↓

1階の床高さをチェックしていきます

 

1階床の高さが確定です

 

横になっている木材の上端が、1階の床高さです

          ↓

ぐるっと1周、1階床の高さが決まっていきます

 

どのくらの高さなのか・・・?

 

1階の床高さ。今の地面からどのくらいの高さなのでしょうか?

        ↓

今の地面から約95㎝の高さが1階の床になります。横になっている木の上端が床の高さです

 

お家の「位置」を出します

 

「高さ」を決めた後は

正確な「位置」を出します。

 

カネピタ。基礎の直角を出す巻尺です。とっても重宝する工具です

          ↓

2本のテープが同じ長さに出せるので、二等辺三角形をつくることができます。この原理を駆使して直角をだしていきます

        ↓

正確な位置を慎重に確定していきます。境界線からの離れを確認中

 

糸を張って

正確に位置を決めていきます

 

見えやすいように黄色の糸を使います

          ↓

糸を、真っ直ぐに張っていきます

          ↓

糸が直交している部分が、お家の角(東南)となります

 

直角が正確であるか

チェックします。

 

対角線を測定し、直角であるかをチェックします。

        ↓

対角線チェック、オッケーです!

 

といった内容で

遣り方を進めました

 

お家の「高さ」「位置」も決まりました!

 

そして

改めて土地のお清め

行いました。

 

お米と塩。こちらを土地の四隅にまいてお清めです

        ↓

浅見さん自ら、心こめて土地のお清めです

 

最後に

地鎮祭の時に

神官さんから頂いた「鎮物」

基礎の下に埋めてもらうよう

お願いしました。

 

大事な「鎮物」。宜しくお願い致します!石井社長から基礎工事のプロ・浅見さんへ

 

これから

本格的な基礎工事に

入っていきます

 

いい基礎 造りますよ!基礎工事のプロ・浅見さんと石井社長

 

6月下旬の上棟が待ち遠しいな

 

6月下旬上棟に向け、GOGO!!

 

 

 

◆東台の家 II

→工事の様子

 

 

 

→天城屋HPトップへ

関連記事

東台の家 II「地鎮祭」

◆東台の家 II 「地鎮祭」   本庄市にて 新たな新築工事がスタートします! &

記事を読む

PAGE TOP ↑