Loading

設計の作法

sahou_kenkou01  sahou_keizai01 sahou_bi01  sahou_kizuna01

 

健康Design

家の違いが 健康にも大きな影響が
あることが 判り始めました
健康に配慮した家 その見分け方があります

 

『住宅と健康』は3つの作法に基づきます。

① 化学物質による室内空気汚染

② 日照通風による衛生問題

③ 住宅性能による温湿度問題 

 

①化学物質の影響

国の規制は設けられていますが、各人に
よって異なるようですから使用する材料を
吟味する必要があります。

 

住宅の性能が増すたびに 健康と室内空気
問題が深刻になります。快適環境を効率よ
く行おうとすればするほど住宅内の空気が
外気と交換される頻度が少なくなります。

 

それこそが、健康被害の及ばない材料の選
択が必要となる背景です。

 

健康配慮型の住宅は 特に生活環境を直接
つくり出す壁や床・天井などの内装をまず
重視します。

 

手入れの手間や割れ・ソリが発生しやすい
ことから避けられてきた自然素材が今日、
見直されて来ました。

 

木材の変色を時間が織りなす味わいとして
価値を認める気運が高まって来ました。
『本物の味わい』は
健康と心に効くようです。

 

sahou_mark_01 確認項目 無垢材 漆喰 珪藻土 磁器タイル

 

自然素材の利用が進んできましたが、見落
としがちなのが塗料やワックスです。素材
と仕上げ材やメンテナンス材にも気を配り
たいですね。

 

②日照通風の影響

日照で得られる太陽の光に期待することは、
熱と明るさ・除菌・発電と多くの効果があ
ります。

 

建築基準法では採光・通風の一定量確保の
きまりがあります。それは家の壁面の光や
風を阻害しそうな物体からの距離規制です。

 

実際の部屋に光が届き暖かさや明るさを提
供するか否かを数値で規定しているわけで
はありません。

 

建築士が一般に行う光の設計は数値規定を
守ることで健康デザインとは別物です。

明るく感じる光をどのように演出すか?
どのように暖かくなる計画をするのか?
除菌方法をどう考えるか?

設計者の光設計能力が重要になります。

 

風の設計も健康デザインの一つです。
その土地ごとに風向きや強さに特色があり
ます。風は平面的な移動が意外に出来ませ
ん。温度差や上下間の風移動を常に考慮す
る必要があります。

 

換気設計は風の設計とプロでも見落としが
ちなスキマとに深い関係があります。取付
けられた換気扇が正常に働いて衛生的な空
間を築くため知識と確認方法の確立が必要
です。

 

sahou_mark_01 確認項目 日照計画 通風計画 換気計画

 

 

③住宅性能の影響

住宅性能の 話しになると 欧米と日本の比較
が度々報じられます。

 

『楽しく 健康に 暮らす』為 住宅性能
特に温熱環境に費用を掛ける欧米人。

 

それに対して 日本人は、寒さを我慢して
体調を壊し病院と薬に費用を掛ける傾向が
強い様に思えます。

 

この様に言われても  燃料代がもったいない
から・・・と言って冷暖房費を節約しよう
とするのが日本人です。

 

そして住宅内ヒートショックを起因とした
事故や病気で年間19,000人にもの死亡者
(厚労省研究班2014春の報告)を出し続け
ています。これはおよそ30分に一人亡く
なっていることになり、深刻な問題です。

 

これは新築すれば済むという問題ではない
ようです。

 

日経新聞2015年1月6日によれば 家の断熱を
強化した金額の増加分は 健康阻害の医療費
を考えると 11年で回収できるとありました。

 

金銭も大事ですが、病になったり命を失った
りするより、健康で快適な暮らしが 実現する
ことを考えると すごくお得ではないでしょう
か?

 

どんな部材を使っているか?も大切ですが

現在 住んでいる方の感想
非常に重要と言われます。

 

冬に廊下やトイレが寒い住宅は 室内死亡事故
や心筋梗塞のみならずアレルギーや喘息など
病を招く危険性が高いという見解もあります。

 

 『家全体を効率よく快適室温に保つ』 

健康デザインの重要な作法のひとつです。

 

sahou_mark_01 確認項目 断熱気密計画 冷暖房計画

 

 

もっと詳しく知りたい方は 》
無料メールdeセミナー をご利用ください

top_con_mail_img

 

 

経済Design

建てる時 住んでいる期間 利用終了時 太陽
光発電以外で 家が生み出す 経済メリットが
あります

 

『住宅と経済』は 3つの作法に基づきます。

 ① 建てる時(初期費用)
 ② 光熱・メンテナンス(維持管理費用)
 ③ 体感・健康・精神的評価

 

①建てる時(初期費用) 

住宅に掛かる費用と聞かれると建築費が大
一番に思い浮かび、次も建築時の諸経費そ
して建築後の固定資産税・・・と続くよう
です。

 

その建築時に掛かる費用(土地購入しない
場合)を考えてみましょう。

(他の建設会社でもこの内容は良く記載されてい
ますので、ここでは簡単にご紹介します)

 

建物費用(本体工事・外部給排水など)
仮設費用(電気や安全対策費など)
申請費用(建築基準法・登記代行料など)
保険保証費用(瑕疵保険・工事保険など)
租税公課(印紙税・登録免許税など)
加入金(上下水道など)
付帯工(外構工事・家具家電・引越など)

 

忘れがちなのが式祭典費用です。
(執り行うか否かお考えによって異なります)

 

    地鎮祭(起工式)
    上棟祭
    完成祝(落成式)

建築時の経済作法は 使用期間中の質と経
費バランスを整えることです。

 

これからの楽しい暮らしをゆめみての笑顔がメリットです。

 

sahou_mark_01 確認項目 長期耐久部材・工費の適正価格

 

 

②光熱・メンテナンス(維持管理費)

住宅の維持管理費用をご存知ですか?
なんと建設費に匹敵する金額なのです。

 

水光熱費平均的な水光熱費は月額25,000円
年間30万円と言われます。例えば35歳で新
築して80歳までの45年間で1,350万円です。

 

外壁が一般的サイディングとして10年~15
年に1回150万円として450万円
給湯器3回更新、1回60万円として180万円
住宅設備に300万円
防蟻5年に1回120万円
内装その他300万円
これだけで1,350万円です。

水光熱費と合わせて2,700万円です。45年
間雨漏りしないでしっかり耐えてこの費用
です。

このうち外壁・内装・防蟻が870万円です。
これらを270万円に抑えられれば600万円の
差が生まれます。
それは素材と工法で叶えることも可能です。

 

上質を長く味わえれば更にお得ですよね。
それは住む方の経済や煩わしさ、地域景観、
そして何より環境にやさしい事ですね。

 

快適で低燃費、メンテナンス手間と費用バ
ランスが維持管理作法です。

 

sahou_mark_01 確認項目 長期修繕計画

 

 

③体感・健康・精神的評価(上質)

快適で健康的な質の高い暮らしを実現しよ
うとすれば光熱費が莫大に掛かると想像さ
れるのが一般的です。

 

しかも 家中を一年中快適に保つ、それを
想像してみましょう。

 

一般的に8畳を真冬に暖房してジャンパーを
羽織らないで過ごせるには電気代にして月
額1万円程でしょうか?家が40坪なら全体
でその10倍月額10万円それに照明・給湯で
1万円として月額11万円冬季4ヶ月で44万円。

 

夏も同様に11万円3ケ月で33万円その他の
月は2万円として10万円1年間84万円で家中
一年中快適空間です。

 

35歳で建築して80歳まで45年間とすれば
3,780万円 この金額如何ですか?

 

平均的な水光熱費は月額25,000円年間30万
円と言われます。45年間で1,350万円です。
これと同じ金額で家中一年中快適な暮らし
が実現出来たらいかがでしょうか?

 

現在 住んでいる方々は、太陽光発電なし
で家中快適でも上記平均値の半分程度で
す。太陽光発電搭載されている場合、年間
の光熱費がマイナス10万円以上の家もあり
ます。

 

45年で掛かるべき費用が3,780万円なら太
陽光発電なしで3,000万円のメリットを生ん
でいることになります。

 

スゴイ経済効果は、是非ご入居の方に直接お伺いください。

 

sahou_mark_01 確認項目 冷暖房計画

 

もっと詳しく知りたい方は 》
無料メールdeセミナー をご利用ください

top_con_mail_img

 

 

美Design

自然と対話しながら 性能を高めると 美しい 形
を生み出します。照明を工夫すると暮らしに
豊かさと安らぎを 創造します。

 

『住宅と美』は 3つの作法に基づきます。

 ① 性能で美しい
 ② 法則で美しい
 ③ 演出で美しい

 

① 性能で美しい

地域によって昔から伝統的に守ってきたこ
とがあります。
例えば日本の屋根の出っ張り、軒が出てる
のは、雨と強い日差し遮蔽の為に設けられ
た性能あるカタチです。

 

厳しい気象条件から生まれる理由のある
カタチが存在します。究極のデザインは
そのカタチを磨き上げた時に生まれます。

 

材質も性能美を発揮するモノのひとつです。
例えば『漆喰』です。洋の東西を問わず、
重要な建物であるお城や教会などは漆喰で
守られていることが多いです。

 

防火や耐久性という性能を活かす事から始
まり、極めて劣化変色しない性質を利用し
てフレスコ画の下地材としています。それ
らは、威厳や教訓の伝承として高級な美術
品ともなって建物に大きな価値を付加して
います。

 

カタチや材料の性質を知り活かすことが
性能で美しい 実現するための作法です。

 

sahou_mark_01 確認項目 無垢材 漆喰 珪藻土 磁器タイル

 

自然素材だけでなく現在の工業製品の特長
を正確に把握するコトは、プロとして気を
配りたい事です。

 

 

 ②法則で美しい

自然界と人の感覚には色々な法則がありま
す。それを上手に捉えて設計に組み込むと
「あっと驚く空間」となります。

 

例えば、何らかの事情で建物の北側にリビ
ングが配置されるプランとなった場合を考
えましょう。

 

一日中暗くなっちゃうって思いますよね。

 

こんなときは、北側採光の作法、上下採光
の作法、多面採光の作法によってやわらかな
明るい空間をつくり上げます。

 

厳しい光ではありませんが、あまりにも明る
い為、入居後に光を制御するカーテンを取付
けた家もあります。

 

光の量だけでなく 光の質をコントロール
する窓のレイアウトや材料の選択する技を
光デザインと呼んでいます。

 

 

自然光・人工照明の灯り
ともに光デザイン
の成せる業です。

 

南側の大きな大きな窓より、小さな窓で
明るい部屋を実現するのは如何でしょうか?

 

もちろん自然光の熱エネルギーを利用する為
の事との関係も大事なコトと承知したうえで
のデザインです。

 

みんなが集まるリビングは 明るく 楽しく
kutsurogi 空間にされては如何でしょう?

 

自然法則を知り活かすことが
法則で美しい 実現するための作法です。

 

sahou_mark_01 確認項目 光デザインによる窓の配置

 

 

③演出で美しい

進化した灯りと計画的な設え(しつらえ)
の相乗効果で心に広がる美しい空間を創り
だします。 

これが光デザインです。

昼の明かり空間と 夜の灯り空間
同じ場所が 異なる空気感で あなたを包み
ます。

 

ひとつの部屋が

活動の場
団らんの場
くつろぎの場
やすらぎの場

と多面的に使うのは、如何でしょうか?

 

灯りに加えて音を効果的に用いましょう。
スピーカーを 建築と同時に施工するも良い
でしょう。

 

音楽と明かり
音楽と灯り

 

あなたは 光デザインの魔法を
どのように 楽しみますか?

 

家族で  楽しく食事
友達と  ゆったりティータイム
夫婦で  まったりお酒
一人で  しみじみブランデー

 

灯りを知り空間を生かす
演出で美しい 実現するための作法です。

 

sahou_mark_01 確認項目 光デザインによる灯りの創造

 

もっと詳しく知りたい方は 》
無料メールdeセミナー をご利用ください

top_con_mail_img

 

 

絆Design

住まう方の想いと 設計者の思いが 融合して
心一つになった時、KABE を超える感動的な
家が実現します。

 

『住宅と絆』は 心の作法に基づきます。

使い易いは美しい

家を計画する時の設計3条件

a) 地域気象特性
b) 敷地周辺の環境特性
c) 家族の生活特性

 

a)  b) は調査によってわかります。
c) は個別に異なります。

価値基準
将来への考え
生活習慣
利用人数
家への期待 などなど

 

これらは書面上だけでは分かりにくいです。

 

例えば 住まう方にご希望を伺うと
「リビングは広く12帖欲しい・・・」
との回答が多いです。

 

設計に必要なのは、住まう方の 心の声です。
どうしてリビング12帖なのか?
以前見たモデルハウスが素敵だったから
現在の住いが6帖なので倍ほしいから
漠然とその位なのか?など

 

理想の暮らしは もやもやした形で心の奥に
ある場合が多いのです。だから、住まう方の
想いを設計者の  心にしみこませること。設計
は、ここからスタートします。

 

真意に耳を傾け合うとお互いの絆が深まり、
設計者の意図も伝わり易くなるようです。

 

家の設計提案は、見たことも味わったことも
ない料理、その盛り付けを話し合おうと言っ
ているのと同じです。

 

お互いが分かり合って『設計』が輝きます。

 

住まう方々の心の声を伺うこと  価値のある
設計を 実現するための作法です。

 

sahou_mark_01 確認項目 心の声

 

表面上のお客様希望だけでなく、プロとして
暮らしを豊かにする提案が設計者の仕事です。

 

もっと詳しく知りたい方は 》
無料メールdeセミナー をご利用ください

top_con_mail_img

 

 

→ 風のない冷暖房の家 を紹介します