Loading

家大好き うなたまさん

【第28話】住んでみての感想《 キッチン 》

【第28話】住んでみての感想《 キッチン 》

 

楽チン「キッチン」

 

我が家は

いろいろと「楽チン」できるキッチン

負担が少ないキッチンです。

 

だから

毎日「楽しく料理」できています。

 

 

「動線」が楽チン

 

我が家は、対面キッチンです。

キッチンの後ろに食器棚があります。

その間を、少し広くしました。

 

2人がゆとりをもって

すれ違うことができます。

だから、楽に動くことができます。

 

妻がキッチンで調理して

私が食器棚のカウンターで盛付ける

 

とってもスムーズに料理が進みます。

 

しかも

「食品庫」がすぐ近くなので

効率良い動きがとれるのです。

 

毎日のことだから

本当に助かります。

 

 

「高さ」が楽チン

 

食器棚には

「吊り戸棚」があります。

 

一般的に吊り戸棚は

天井近くに取付けると思いますが

我が家は、少し低い位置に付いています。

 

そうすることで

女性でも、踏み台などを使わずに

吊り戸棚の扉を

「楽に」開け閉め出来るのです。

 

女性設計士のSさんならではの

「高さ」の配慮が感じられます。

 

天井と吊り戸棚の間には

横長の「窓」を付けたので

北側からの安定したやわらかな光で

程良い「明るさ」が広がります。

 

吊り戸棚の位置を低くすることで

使いやすい「高さ」

程良い「明るさ」

この2つがカタチになっています。

まさに一石二鳥ですね。

 

 

「足腰」が楽チン

 

立ちっぱなしのキッチン

時には長時間に及びます。

足腰に、とっても負担がかかるのです。

 

そのため

キッチン部分の床材を

足腰に優しい

「コルク」にしました。

 

やわらかで

温かみも感じる素材なので

長時間、立っていても

疲れにくいのです。

とっても「楽」なのです。

 

一生使うキッチン

この先、年をとることを考えると

しっかり考えるべき部分だと思います。

 

「片付け」が楽チン

 

我が家のキッチンには

「食器洗い機」が組み込まれています。

 

妻が熱望していた

ドイツ製の「ミーレ食洗機」です。

 

大容量かつ抜群の洗浄力が魅力です。

 

今となっては

「ミーレがないと生きていけない!」

そう思える程、活用しています。

 

大きな鍋やフライパン、まな板も

入れられます。

 

油汚れも、しっかり落ちます。

 

楽しい食事の後

億劫になりがちな

食器の「片付け」。

 

頼りになる

「ミーレ食洗機」のおかげで

「楽に」片付けができています。

 

「お手入れ」が楽チン

 

お手入れに関して

特に「楽チン」だなと感じたことを

挙げたいと思います。

 

 

<シンクの継ぎ目>

 

キッチンの

シンクと天板の継ぎ目に

段差がないことが助かります。

 

毎日、サッとふくだけで

キレイな状態を保つことが出来ます。

 

汚れが溜まったり

カビが生えたり

そういったことが無いのです。

 

ちょっとしたことですが

とても助かっています。

 

 

<コルク床>

 

キッチンの床には

「水はね」が付き物です。

 

水はね以外にも

食材を落としたり・・・

液体をこぼしたり・・・

キッチン床の汚れは

特に気になるものです。

 

「コルク床」には

水や汚れに強い

コーティングがしてあるので

シミになりません。

 

汚れた時は、水拭きで簡単に

キレイにすることができます。

 

コルク特有の

やわらかく、温かみのある素材感に加えて

水や汚れに強い「機能性」で

「楽に」お手入れ出来ています。

 

 

毎日使うキッチンだから

いろいろと工夫して

良かったなと思っています。

 

そして

妻が喜んでくれていることが

何よりです。

 

 

              つづく

 

← 第27話 住んでみての感想《 庭② 》

 

 

◆ うなたまさんも「水素水」を設置しました!

 是非、ご覧ください。

image001

→「水素水生活 始めます」