Loading

家大好き うなたまさん

【第21話】住んでみての感想《客間》

【第21話】住んでみての感想《客間》

 2016-08-27-18-12-04

「もしも」の部屋

 

もしも・・・

お客様が、我が家に泊まることになったら

 

その時のための

部屋が欲しい。

 

せっかくなら

畳の部屋で、ゆっくり

くつろいでもらいたいな。

 

そんな想いで

1階のリビング隣に

「客間」を1部屋つくりました。

 

 

2016-08-27-18-12-14

泊まらない・・・

 

6年間、住んでみて

お客様が泊りに来たのは

 

なんと、2回のみ・・・

 

遠方から来た身内が

泊まっただけで

 

近隣の友人は

泊らずに、帰ってしまいます。

 

泊るとなると

気を使いますし、準備も面倒。

確かに

帰るほうが楽ですよね。

 

そんな訳で、客間として

十分に活用できていないのが現実です。

 

 

 

2016-08-27-18-12-15

99.9%、使っていない

 

6年間 × 365日=2190日

2190日で2日の宿泊

 

2188日は、使わない部屋

99.9%は、使わない部屋

 

とも言えます。

 

そこに

お金をかけたり

スペースを用意する

必要があるのかな?

 

不要なモノの

モノ置き場になってしまう

恐れもあります。

 

住んでみて分かる現実

 

間取りの打ち合わせの時は

まったく想像できていなかった

のです。

 

 

2016-08-27-18-13-20

優先すべきは「普段使い」

 

このような現実からすると

 

客間として固定せずに

「普段」使える部屋にして

 

毎日、フル活用した方が

良いと思うのです。

 

もしも

誰かが泊ることになったら

そこを客間にすればいい。

 

そのような考えで

間取りを考える方が良いと

思うのです。

 

限られた

予算やスペースの中で

優先すべき

重要なことだと思います。

 

家を建てる時

このあたりも

しっかり想像して

間取りを決めてもらえればと

思うのです。

 

 

つづく

 

         → 第22話 住んでみての感想《収納》

← 第20話 住んでみての感想《温度差・窓》

 

 

◆ うなたまさんも「水素水」を設置しました!

 是非、ご覧ください。

image001

→「水素水生活 始めます」